吉岡八幡神社 島田飴

・とき12月14日・ところ吉岡八幡神社

・午前十時より先着順にて島田飴販売(限定 二千個、定価 千円[税込み]、ご購入はお一人様三個まで)・午前十時半より午後一時まで島田飴奉納花嫁道仲行列・主催:島田飴まつり実行委員会

良縁祈願の縁起物「島田飴」とは…

毎年12月14日は、吉岡に四百年以上伝わる縁結びの伝統行事「島田飴まつり」のご縁日です。この日だけ吉岡八幡神社へ奉納される島田の髷をかたどった伝承の飴細工「島田飴」。年に一度のご縁日にこれを求め、八幡様に願を掛ければ翌年は良縁に恵まれると云い伝えられています。

伝承 島田飴

昔々、とある歳の暮旧十四日、神主様が村を通りかかると、白酒屋横丁から、高島田に結うた美しいお嫁さんがあらわれた。神主様は、このお嫁さんをいたく見染められ、恋慕の情耐え難く、悶々の日々は幾日も続き、まもなく病を患ってしまった。心配した村人たちは、相寄り協議し、島田の髷をかたどった飴をこしらえ、八幡様へ奉納申し上げ、ご慰問することとなった。神主様は、この島田の飴をたいそうお気に召し、薬ともなく愛用したところ、たちまち病は快復した。神主様は、深く村人たちに感謝し、毎年歳の暮旧十四日を、吉辰の日として、縁結びの祭事を催すこととなった。

お知らせ

駐車場について

お車でお越しのお客様は、東北自動車道大和ICから吉岡方面へ約10分、大和町まほろばホール駐車場をご利用ください。駐車場と会場とを結ぶ、無料シャトルバスを朝7時より、約10分間隔で運行いたします。  
img_4495

2016.11.27

吉岡冬の風物詩 島田飴づくり

宮城県大和町吉岡は、七ツ森に抱かれた四〇〇年の歴史が醸す、風情豊かな宿場町です。白鳥の谺が冬の訪れを告げる頃、吉岡仲町の飴工房では、毎年恒例の島田飴づくりが、街角に甘い香りを揺蕩わせながらはじまります。

img_4537

2016.11.27

伝承の業を繋ぐ 飴引き機

今はなき吉岡宿一の老舗「白酒屋」から受け継いだ最後の飴引き機。戦前生まれの鋳物の歯車がカッタンコットンちから強く回れば、煮詰めたべっ甲色の飴は、たちまちシルクのような純白の輝きを放つ。

アクセス

駐車場情報は「お知らせ」に随時アップいたしますので、ご確認をお願い致します。

島田飴まつり実行委員会

〒九八一–三六二六 宮城県黒川郡大和町吉岡南2-4-10 くろかわ商工会大和事務所内

Tel: 022-345-3106 http://www.shimada-ame.com

黒川総鎮守 吉岡八幡神社|ご祈祷について

〒九八一–三六二一 宮城県黒川郡大和町吉岡字町裏39

Tel: 022-345-4593